イベントのお知らせ!

*フォリアの工房イベント並びに展示会のお知らせです!*

******************************

2016年4月15日の「美の壺」という番組に少し出ます!


(画像リンクで番組の詳細ページへ飛びます)


NHK BSプレミアムの「美の壺」という番組「憧れの街、銀座」という回に、フォリアの仁平幸春が少し出るそうです。

詳細は、画像リンク先のページなどでご確認下さい。

番組の銀座というテーマ→銀座の柳→銀座の柳で染めた染織品、染色品を企画販売している「銀座もとじ」さんに取材→銀座もとじさんの柳染関連でお手伝いしているフォリアに使えるような映像を提供出来ないかとお話が来る→いろいろご提案→銀座の柳を染料にした帯の制作風景を取材となる

という流れでお話をいただきました。

予告映像でも、私の作業中の手元と、柳の染料のみを使った染め分帯の着用シーンをチラッとだけ(笑)出ております。

もちろん、フォリアに関することは今回の番組のメインテーマではありませんので少し出ているだけと思いますが、お時間がある方は仁平の近影をご覧になっていただき「お、老けたな(笑)」など冷やかし、お楽しみいただければ幸いです。。。m(_ _)m

番組詳細はリンク先よりご確認下さい。
何度か再放送もあるようです。


++++++++++++++++++++++


■番組:NHK BSプレミアム『美の壺』 

■放送日時
2016年4月15日(金)19:30~20:00

■再放送日時
2016年4月19日(火)11:05~11:35
2016年4月21日(木)6:30~7:00



******************************





ブログマガジンの【野田稔・伊藤真の「社会人材学舎」】さんに、取材をしていただきました。

週刊で配信されるスタイルで、八月号の第一週〜四週分に取材していただいたものが掲載されます。

上の画像をクリックすると、八月の第一週号の当該のページに飛びます。

取材内容の記事はリンク先ページの三分の二ぐらい下に進んだ辺りにあります。

(ダウンロードして電子書籍として読むことも出来るようです)

「粋に生きる」というタイトルです。

今回は、無料号だそうです。

それ以降は、有料のメルマガになるようです。
詳細は、リンク先からご覧下さい。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

チャンネル月額:¥648 (税込)
メール配信:あり サンプル記事
更新頻度: 毎週月曜日

*初めての方は、下記アドレスにリンクして、上部にあるボタンからニコニコ会員登録が必要です。

http://ch.nicovideo.jp/shakaijinzaigakusha/blomaga/ar590840

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


スタッフの甲斐凡子も取材されておりまして、四回目に出て来ます。

今回は、私が染色の仕事で独立するまで、そして今に至るところまでをまとめていただいております。

無名のわたくしがこういう風にまとめていただけることは今まで無かったので、とてもありがたいです。

ご一読下されば幸いです。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

(以下、野田稔・伊藤真の「社会人材学舎」さんについて)

次の一歩を踏み出したい、別の可能性に挑戦したい、社会のために何かがしたいと思い立ったあなたのための定期購読誌。第一線で活躍するベンチャー経営者やプロを目指すアーティスト、芸人、職人、自らの思いを優先して違う世界へと転身した先達たちなど、さまざまな「挑戦者」が登場し、熱く語ります。企業探訪、NPOや政治・行政の現場もここでしか得られない情報をベースに紹介していきます。千日回峰行により見性を得た老師が説く,人生相談のコーナーも常設!

野田稔・伊藤真の「社会人材学舎」VOL.7 NO.1 リリース月600円。6月以前の号は、1号ずつ、ニコニコポイントで購入してください(1号当たり190円)。



+++++++++++++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++++++++++++



ウチのスタッフの甲斐凡子がNHKの番組「ひるまえほっと」さんに取材いただきました。(関東圏のみ放送)




2月25日に放映されました。←(放送当日のサイトです)

12分間ぐらい甲斐は出ているので、かなり出ています。



(取材中の様子です)

意外に知られていないのですが、フォリアの工房がある東京新宿区の高田馬場、落合、中井の辺りは「東京友禅」その他の染物の産地なのです。

その地域に関わりのある染色業の人々が集まり、中井の商店街をのれんで飾る「染の小道」というイベントがあります。

そのイベントに、甲斐も二年前から参加させていただいており、その流れで、取材していただくことになりました。

伝統工芸と、それが産まれる地域のこと、それと関わる数が少ない若い人、ということを良くまとめて下さり、甲斐はかなりの時間、露出しておりました。私も少し、出ています(笑)

甲斐はのれんを二点制作しました。



一つは、テレビ番組で使われたこちら。綿麻の生地に染めたシンプルな染分けです。

「東京友禅」というくくりとは違う作風のものですが、実際に飾るお店の外装の雰囲気を良く確認し、お店の外装のイメージ全体を引き締め、なおかつ観た方々に「あの、のれんがあったお店でしょ?」と一目で覚えていただけるようなものにしてあります。それと、お店の外に飾るものなので、耐光性があり、雨に濡れたりして汚れても味が出るように、墨と胡粉で染めた顔料染です。

一見、シンプルな柄ですが、その成り立ちは、東京友禅というくくりで考えるのではなく、飾られるお店で映えて、実用性もあること。そして、もしお店以外の方が気に入って下さった場合、購入出来る価格であること。そのような総合的な考えを集約した結果が、この仕事になったわけです。



実際に飾られた様子はこんな感じになります。

甲斐が担当したイギリスのアンティークを扱うお店「ハドソン・アンティーク」さんの周りは、草に覆われていて、雰囲気のある感じです。

この雰囲気に負けないような強さを持ち「あ、あののれんのあったお店ね」と覚えていただくような効果を考えました。

もう一つはこちら。こちらは絹の染分けです。



カジュアルイタリアンレストランの「オリーブモンド」さんに飾られました。

お店のつくりのご都合で、のれんというよりも飾り布として飾っていただいた感じですが、イタリアンレストランの雰囲気と良く合っていると思います。

++++++++++++++++++++++++++

新宿区染色協議会さん「染の小道」実行委員会の方々、番組制作の皆さまに大変お世話になりました。


ありがとうございました。



。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




作者の仁平幸春が「いろはにキモノvol2」というムック本で「あこがれの染色家に会いたい!」という特集に取り上げられています!

カラー6pの、豪華な特集を組んでいただきました。
仁平の姿も、丸々1ページ使ってドーン!と出ています。

上の表紙画像のリンクから、Amazonで購入出来ます。

*こちら*では、電子版もご購入いただけます。

この電子版用のリンク先の「ちら見」というボタンをクリック!していただけると、特集ページも少しご覧になれます。

是非、ご覧下さい!。。。。m(_ _)m


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。




私の、布の染額の電子書籍詩画集が、日本のAmazonでも買えるように
なりました。
iPad3(あるいはそれ以降),iPhone5などのRetinaディスプレイでは
動作確認済みですが、iPad2や、iPhone4では表示がズレます。
(iPhone4Sなら大丈夫だと思うのですが、手元になくチェック
できませんでした)

iPad3やiPhone5をお持ちの方よろしければ是非!
(Kindle for iPad、iPhone for iPhoneなどで)


上の表紙の画像をポチッとリンクするとAmazonのページへ行けます!


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


フォリア工房見学、お買い物、ご注文はお気軽にご連絡下さい!

ご連絡は、お電話でも、メールフォーム からでも結構です!


dye works Foglia フォリア
169-0051
東京都新宿区西早稲田3-7-11 ハラダ面影橋マンション603
03-5273-8363

代表 仁平 幸春(にへい ゆきはる)


フォリアへの地図はこちら