NYチェルシーでの展示風景です。

2013年1月5日




’12年12月13日と19日に米国のニューヨークチェルシーで私の額装作品(紙と布)
の個展を開いていただきました。

「12/13日にNYのチェルシーで絵の個展をいたします」

「12/19に追加展示をしていただけることになりました!」

二日とも、人の入りも良く、評判も良かったそうで、いらした方々から次回の
展示会も期待されている、とお聞きして胸を撫で下ろしております。。。
次回展示が可能になりましたら、さらに良いものを制作するつもりです!

展示風景の写真をお送りいただいたのでいくつか。ご紹介させていただきます。。
(13日と19日のものが混じっています)

写っている方々の公開許可はいただいております。。m(_ _)m

上の写真はレセプションパーティの様子です。



こちらは、まだ人が入る前の様子です。
たっぷりと間をとって飾っていただいたお陰で、良い展示空間が出来たと思います。



キュレーターの梁瀬さんと、パートナーでフォトグラファーのジャックさん。
今回の展示会の実務的なことで大変お世話になりました。
ありがとうございました。



お着物の方も。



作品をご覧になられている様子です。。。



紙額「氷壁」の前で、梁瀬さんとART newsの副編集長のBarbara Mac Adamさん。



ギャラリーの全体をなんとなく見渡せる写真です。。。



布額の作品の前で、今回の個展でご尽力下さったSetsuko Bouteilleさんとご友人。。。


。。。。。。。。。。。。。。。。


今回、NYで展示を開いていただいて、画像やご感想をいただき、大変参考になりました。

それを糧により一層制作に励みたいと思います。





Comment