− 2018年1月13日 −

白地のぼかしの八掛に地色を染める

2018年1月13日



袷の着物の八掛には、白の地色(染めていない白生地のまま)にいろいろな色をぼかし染した八掛は良く使われますね。

留袖や重めの訪問着でなければ、とりあえず、これ付けておけばOKぐらいのノリでついていたりします。

特に薄い地色の着物の八掛では、表地に裏地と胴裏の継ぎ目が映らないように良く使われます。(通し裏などは別ですが)

それは実用的に表に響かず、便利です。このぼかしの八掛が開発されたのは昭和の戦後しばらくしてかららしいですが、考えた方はスゴイですね!

が、これが濃い地色の表地の場合は、白の地色に濃い表地のような色を染めたものだと、表地と裏地のコントラストが激しすぎて唐突感があったり、表が濃い地色で八掛の地色が白生地のままの真っ白だと下着感が強くて違和感を感じます。

しかし、ぼかしの八掛はなぜか地色が染まっているものが無いのですね。

もしかしたら、あるのかも知れませんが、私は今まで観たことがありません。。。

上の写真は、スタッフの凡(甲斐凡子)の私物の着物なのですが、凡のお祖母様からいただいたものです。

いただいた時には、白地に表地に似通った濃い色のぼかし染が施してある八掛がついていました。

それを、凡が自分用のサイズに仕立て直す際に「着物に当たり前についているこの白地にぼかし染めのものって、濃い地色とか中間色だと唐突過ぎるよね。八掛って着ると結構良く見えてしまうものだし、真っ白だと変な下着感もあるし」と今まで普通にある白地のぼかし染の八掛の違和感を語り合っていたら、

「ウチは染め屋だから地色を濃い地色の表地に合うように、ぼかし染の八掛の上から地色を染めれば良いんじゃん!(*бωб*)」

ということになり、八掛の地色を染めてみたら、バッチリなのです。

この画像をSNSなどで発表してみましたら「ああ、私はぼかし染の八掛は安っぽいし、なんだか仕方なしにつけている感じがして好きでは無かったですが、これならぼかしの八掛も良いものですね!」というご意見を多数いただき、やっぱり私達が感じていた不満を、お客さまがたも感じていらっしゃったんだなあと再確認。

これがスタンダードになると良いなあと思った次第です。

もし、こういうものをつくってみたい、と思われた方は、

呉服屋さんに、この画像をお持ちになって、

1)元からお好みの地色に染まっている八掛にお好みの色のボカシを入れてもらう
2)元からお好みの色のボカシになっている白地のものにお好みの地色を引染してもらう


ことで、だいたいお望みのものになるかと思います。

その方法なら、別注加工しても、それほど値段が高くならないと思います。

単に、業界に今までこういう発想が無かっただけですので、技術的には普通のものなのです。

もちろん、表地が濃い地色だけでなく、中濃度でも、薄い色でも、ぼかしの八掛を白地のままではなく好みの地色に染めたら、ぼかしの八掛の可能性が広がります。

このアイデアは(もしかしたら、もう既にあるのかも知れませんが)多くの人に広まって欲しいと思います。

万が一、ウチが初めてこのアイデアを思いついたのだとしても(笑)全然関係なく、ぜひ広まって欲しく思います。業界の方々にも是非やっていただき、広まってもらいたいです。