− 2017年8月1日 −

2017年8月の展示会のお知らせ

2017年8月1日

展示会のお知らせです!

2017年8月には、仁平幸春展が二つあります。

8月18日(金)〜20日(日)に銀座もとじさんでの帯を中心にした展示会です。

8月9日(水)〜15日(火)に大丸神戸店アートギャラリーにて、アート系作品を中心とした展示会

+++++++++++++++++++++++++++++

 「仁平幸春展」
 8月18日(金)〜20日(日) 銀座もとじにて




(画像クリックで拡大します)

*銀座もとじさんでの個展は終了いたしました。ありがとうございました!*

四年ぶりの銀座もとじさんでの個展です。

今回は、帯がメインです。
いろいろな作風の帯を制作いたしました。

新しい染帯の意味とは何か?という問いに対する答えとして、そのような構成にしました。

例えば、買ってはみたけども、どうも合う帯が無い。気に入って買った着物なのに、あまり着ないな。。そんなお手持ちの着物に良い出会いの染帯があれば、その着物は何倍にも生きることになります。

「私の新作の作品を買っていただく」ということを超えて「既に存在する着物に生命を与える新しい染帯」ということを目指した姿勢です。

8月18日(金)〜20日(日)11:00〜19:00まで、全日、仁平は在店しております。

また、19日(土)にはトークショーも開催されます(リンク先に詳細があります)
お気軽にお申込み下さい。(^_^)

皆さまのご来店をお待ちしております。


+++++++++++++++++++++++++++++++


「仁平幸春展」

2017年8月18日(金)〜20日(日)
11:00〜19:00

銀座もとじ 和染・男のきもの
104-0061
東京都中央区銀座4-8-12
03-3535-3888(和染)

http://www.motoji.co.jp

「素材を吟味して、想い描いたことをかたちにしていくこと」
仁平幸春氏の深くて明快な思考は確かな手技がありはじめて作
品となります。

一本の線へのこだわりは細部にわたる緊張感となり、想像力溢れる
大人の装いを満足させてくれます。

糸目友禅と蝋纈染の表現技法が冴えわたる繊細なものから大胆な
染め分けまで、九寸名古屋帯や角帯にほどこされた幅広い作風を
余すところなくご紹介します。


■作家在廊 18日(金)、19日(土)、20日(日)
各日 11:00〜19:00


++++++++++++++++++++++++++++++++


「生命のざわめき 仁平幸春 作品展」
 8月9日(水)〜15日(火) 神戸大丸店にて



(紙額「発生」ネパール紙に墨、ロウ、植物染料)

*大丸神戸店での展示会は終了いたしました。ありがとうございました!*

今回の展示会では「生命のざわめき」というテーマで制作したものを油彩、紙への仕事、布額、タペストリー、名古屋帯といろいろなアイテムで表現したものをご覧いただきます。

リンク先の紹介画像では名古屋帯の画像が出ていますが、今回は和装以外の作品が多いです。

仁平幸春の創作活動の全般をご覧いただける展示会です。

和装系以外の作品はなかなかまとめてご覧いただける機会がありませんので、是非ご覧下さい!

初日の8月9日(水)は終日、仁平が在廊いたします。また、初日の8月9日(水)17時〜19時30分にはオープニングレセプション開催です。予約などございませんので、お気軽にご参加下さい。


————————————————–

「生命のざわめき 仁平幸春 作品展」

2017年8月9日(水)〜15日(火)
10:00〜20:00(最終日は17:00まで)

大丸 神戸店 7階アートギャラリー
650-0037
兵庫県神戸市中央区明石町40
078-331-8121
最寄駅:JRまたは阪神 元町駅より南へ徒歩3分




生命のざわめき

命あるものには、ざわめきがあります。

心臓の鼓動、呼吸の音。。。

命がなくても、運動しているものには、
ざわめきがあります。

風が吹く湖面のさざ波や砂丘の文様、
森の木々のざわめき。。。

固有の魅力を持つ、いろいろな素材にも、
ざわめきがあります。

糸の特性の良く出た布、魅力的な繊維を
漉いた紙。。。

私は、素材の「ざわめき」を増幅して
形にします。

糸や繊維の固有の魅力によるざわめき、
それを布や紙にした時に表出する
美しく精密なざわめきと、私自身の生命の
ざわめき。

その素材と私の密接な関係の間に産まれるのが、
私の作品です。

「生命のざわめき」がご覧になる方々に美しく
届くことを祈っております。