− 仕事のことなど −

2015年 5Day Art Challenge(一日目)

2015年2月19日

私はFacebookをやっているのですが、そのなかで【2015年 5Day Art Challenge】というイベントみたいなものをやっていまして、それが私にも回って来ました。

それは、指名された人が「一日三点の作品を五日間UPし、その後次の人へバトンを渡す」ということらしいです。

あまりそういうものに参加したことはないのですが、今回は参加してみました。

私が関わっているいろいろな仕事を、分野を毎日変えて紹介させていただきました。

せっかくなので、こちらのブログの方でもご覧いただきたく。。。。
ご覧いただければ幸いです。

画像に解説を付けてあります。

++++++++++++++++++++++++++++++++++++

【2015年 5Day Art Challenge 一日目】

一日目は、布の染額の仕事を紹介させていただきます。



染額「循環」(糸目友禅/ろうけつ)

種は発芽し、花を咲かせ、実を結び、またそれが繰り返される。。。その時間経過を一つの画面に収めました。宗教的題材をさりげなくポップに、しかし伝統技法でしっかり仕上げてあります。




染額「時を泳ぐ魚」(糸目友禅/ろうけつ)

時の川を魚は泳ぎ、魚の形をした川を月の舟に乗ったハートは逆方向に漕いでいます。それを春の小花が見守っています。時間は同じく存在するも、それぞれの価値と速さがある、ということを表しています。




染額「枯れた花は月の涙で蘇った」(糸目友禅/ろうけつ)

枯れて灰色になった花が、月の慈悲の涙を受けたことによって蘇りました。死と再生を一つの画面に表しました。


(次は紙額の仕事を紹介させていただきます)






「積極的空白」をつくる

2013年5月1日




食べ物を盛る食器としての器は、料理を盛りつけておいしそうに観えて
初めて完成になります。
いろいろありますが、私はそのような器が好きです。

私は、着物や帯や、インテリア関係、敷物にもそういう考えで制作
しています。

私は自分が制作する時には

【他のものを受け入れることが出来る “積極的空白” 】

をつくります。

それは柄に隙間をつくるとかそういうことではなく、感覚的なものです。

もちろん、物足りなさが無いように、それ単体でも美しいようにしますが、

その「積極的空白」があるために他の要素がその布作品と密接に関わることが
出来、布とその他のものが(モノ、人、環境)増幅するのです。

ただ観てキレイなもの、技術的に自慢するもの、自分の描きたいものを描く
だけのものには他のものを受け入れる余裕がありません。

添付画像は「なか志まや」さんから拝借しました、私の、全面にロウによる
ムラ染めをした着物と、他社製の織の帯を合わせていただいたものです。
着物も帯も【お互いに引き立て合っています】


ただ足し算で積み重ねて行くのではなく、その積極的空白を持たせることに
よって他要素を巻き込んだ「かけ算」にすることが出来るのです。





12/13日にNYのチェルシーで絵の個展をいたします。

2012年12月10日




(画像クリックで拡大します)

*終了いたしました。ありがとうございました!*

’12年12/13日の一晩だけですが、NYのチェルシーの画廊

「YDNY PRODUCTIONS」さんにて、

仁平幸春の紙と布の額装品の作品展を行います。

今回は、和服ではなく、紙と布の額装作品です。

“The Exhibition will feature works by
 Japanese artist Yukiharu Nihei


(上リンクから展示会のサイトに飛びます)

今回の展示会は、FBでお知り合いになりましたSetsuko Bouteilleさんの
お力添えによるものです。

節子さんのご尽力により著名なキュレーターの梁瀬薫さんと簗瀬さんの
パートナーであるフォトグラファーのJacques De Meloさんに作品を
ご覧いただける事になり、お二人のギャラリーで展示会をしていただける
ことになりました。
額装やギャラリーでのしつらいもお二人のお見立てによるものです。

出品点数は7点で、数は多くありませんが、その分、一つ一つをじっくり
ご覧になれるとも思います。

紙の作品は、10年ぐらい前から制作し、既に様々な場所で発表して
おります。

「古い書や水墨画の日本人が好む経年変化を含めた魅力」を掘り下げ、
その魅力をベースにしながら仁平自身が描きたいものを染の技術や
ドローイング、その他いろいろな技術を駆使して作り上げたものです。


日本の文化は素材に対して偏愛とも言えるこだわりを見せます。
その偏愛は現代にも通じています。

伝統や素材たち、私がそれらに関わることによる素材の開花により、
古典と、現代の間に底通して存在する、文化を司る無形の運動体、
「時間、時代」というものを問わない共通性、普遍性を私自身は
【伝統】と呼んでいますが、そういったものを表現出来たら、
と思い制作しているものです。

(私にとって「素材」とは、自分のインスピレーション、社会環境
自分をとりまく全てのことを指します)


技法的には、墨、天然染料、ロウを使い紙の質感からしみ出した
ような、紙に元々そのシミがついていたかのような厚みのある
表現をしています。
人が描いたようではない、しかし人の手によってしか描き出せない
ものを目指しています。

紙の作品に関してはこちらにも考えを書いております。

布の作品は、月夜をテーマにずっと制作しているもので
「人のいない夜に起こる出来事」をテーマに制作しているものです。
これは日本の伝統的な模様染めの技法の「糸目友禅」を使い、
さらにロウを使って厚みを出し、独特の世界をつくり出しています。

私は現地に行けませんが、現地でご覧になれる方々には是非ご覧
いただきたいと思います。

(節子さんが制作して下さった案内のカードの作品は紙の作品の
「氷の鳥」です)

今後はNYにも和服の仕事をご紹介出来るかも知れません。。。

皆さまのご来訪を心よりお待ちしております。。。



フォリア 仁平幸春 構成員一同


。。。。。。。。。。。

(以下は、NYの日本人向けのタウン誌に掲載されるものです)

The Exhibition will feature works by
 Japanese artist Yukiharu Nihei

【YDNY PRODUCTIONS】


520 West 27th Street, Suite 303 - New York, NY 10001

2012年12月13日 18:00〜21:00

日本の個性的な染色作家仁平幸春氏による”紙の作品展”
NYチェルシーの画廊にて開催


仁平幸春氏は日本の伝統的な染めを通して,多種多様な素材を用いて
和の世界を越えた,独創的な世界を表現する創作家です。
今回展示される作品は、日本の古い書や水墨画のイメージを抽象化し、
仁平氏ならではの感性と解釈で表現された詩的な紙の作品です。

和紙やネパールの手漉き紙に、天然染料、ロウ、墨などを使った
作品は伝統的な技法を駆使しながらも、その現代的な表現は斬新です
また,日本の染色技法である“糸目友禅”の技法を使った布の作品も
披露いたします。

。。。。。。。。。。。。

今回特にお世話になりましたSetsuko Bouteilleさんは、今後も
日本の文化を世界に伝える活動を進めて行かれるそうです。
ご自身は既に和服をNYにも広め伝えて行く活動をされています。

節子さんのサイトはこちらです。

“Magnolia” a site dedicated to the Japanese Culture

まだ、仁平のものしか入っていませんが、今後は沢山の実力のある日本の
制作者が紹介されて行くでしょう。
今回は本当にお世話になりました。。。。m(_ _)m



「レース柄」の着物や帯を制作する意味について

2012年12月9日





*私が「レース柄」の着物や帯を制作する意味について


私は13年以上前から、ヨーロッパのアンティークレースの素晴らしさに
触れて以来コツコツとレース柄を制作しております。

ある程度理解されるだろうという予測を立て、2010年に工房展にてまとめて
展示をしました。

さらに二年経ち、より理解されるであろう環境になったので、今年2012年
にもまとめて工房展で発表いたしました。

では「なぜ和装にレース柄なのか?」

という理由を説明させていただきます。

日本の文様に、おおよそ400年ぐらい前から盛んに「更紗」の柄が入って
来ました。

最初は

「日本では当時不可能な綿に対しての鮮やかな染」

「異国情緒溢れるもの」

「奇異なものの面白さ」その他その他

「違和感や珍しさを楽しむ」ものから、

だんだん日本の文化に取り込まれ日本の好みに合わせた「和更紗」も産まれ

日本の文化に完全に根付き「更紗は日本の伝統柄の分野の一つ」とさえ

なったのです。

私は、初めてヴェネツィアンレース、その他のヨーロッパの名品のレースを
観た時に

「これは、インドやインドネシア、中近東、中国などに流れる普遍的な
 文様の流れと同じものが根底にある」


と心底感動しました。

また、技術的にも超絶的で、感覚的な完成度、洗練度も、インド更紗、
バティック、日本の文様染めと同じレベルの高度さがあると感じ入りました。

「それならば、レースの柄は、更紗が400年前から和様に取り込まれたように、
 今からレース柄が日本の伝統に組み込まれることもありうる」


と考えたのです。

今までも、レース柄は和装の世界で使われていました。
しかし、今までは「ちょっと変わった趣向」として「アクセント」と
して使われていた感じでした。

そうではなく「日本の文様として昇華し、定着させたい」と思ったのです。

もちろん、感覚的には素晴らしいものを自分もやってみたい、という
単純な衝動です。


。。。。。。。。。。


その他制作上の詳細はこちらのリンクにもあります。

ご一読下されば幸いです。m(_ _)m





かわいらしいゲリラ豪雨。。

2012年9月25日




こちらは以前制作した友禅とろうけつの技法で染めた染額「月の船に虹色の雨が降る」という作品です。

こちらは、平安時代の漆器(国宝)のこの文様が元になりました。



仏教のおはなしを題材にしたものらしいですが、この、恵をもたらすものへの感謝、それが実に愛らしく素朴に表されているのがなんともいえずに良いと思いました。

私はこの1,000年以上前の漆器のもつ雰囲気を染めにし、平成版に仕上げたいと思いました。なんとなく「七福神の宝船」のイメージも持たせてあります。

私は「伝統とは無形の運動体である」という考え方なのですが、それを自分なりにこのように形にします。

私はどんなものでもこのように伝統に対します。

考えなく「ただ伝統文様を模倣したり形式を繰り返したら」ただの劣化コピーになってしまいます。なので、伝統文様を使う場合でも「伝統の再発見」が必要で、新しいものにも古いものにも等価に接して、新鮮に伝統に対面し魅力的なものと感じてそれを取り上げる姿勢でないとダメなんですね。
(逆にそれは伝統を伝統だからといって甘やかさないということでもあります)

もちろん、伝統文様はただそれをなぞっただけでも美しいのですが、しかし、ただなぞっただけでは同じだけの魅力は出ません。時にそれは気味悪いものにさえなります。。。

。。。。

ちょっと話はズレますが、こちらは最近良くあるゲリラ豪雨の画像。
(ネット上の拾い物ですが、出回っているようなので使用しました。。)



これだけ激しいと恵みの雨とは言えませんが、こうやって観ると雨は雲から降るんだなあ、とあらためて思います。。。当たり前なのですが。。笑