‘17 THE YARDさんの秋の展示にFogliaの作品が出ます

2017年10月16日


(画像クリックで「THE YARD」さんのサイトへ飛びます)

【THE YARD 秋のクラフトフェア】にフォリアの工房作品が出品されます。

仙台店:10/18(水)〜22(日)
980-8450
宮城県仙台市青葉区中央3-7-5
仙台パルコ2 2F
AM 10:00 – PM 21:00
022-714-2581

渋谷店:10/25(水)〜29(日)
150-0041
東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷モディ4F
AM 11:00 – PM 21:00
03-4336-8241

*渋谷店限定
【THE YARD ブランドディレクター矢嶋孝行とFoglia 染色作家 仁平幸春によるトークショー】10/29(日)11:30〜 (約30分程)


仙台でフォリア作品(写真のコラボ作品以外の作品もございます)実物をご覧いただける貴重な機会です。多くの方にお手に取ってご覧いただきたいと思っております。
お近くの方、ご興味のある方は是非足をお運び下さい。

この展示に関する詳細はこちらからどうぞ!

THE YARD さんの Instagram Facebook ←

THE YARDのブランドディレクターの矢嶋氏との対談は、対談やトークショー、取材がほとんど無い仁平幸春ですので、なかなか貴重です!

*写真の有田焼をモチーフにした名古屋帯はTHE YARDさんとFoglia のコラボレーション作品です。こちらの作品のお問い合わせはTHE YARDさんへ、よろしくお願いいたします。


弟子を募集しております。

2017年10月1日

(写真は更紗文様の輪郭線を墨で直書きするスタッフの甲斐)

+++++++++++++++++++++++++++++++

*Foglia フォリアの弟子募集*

只今当工房の弟子を募集しております。

【募集要項を良くお読みになりお問い合わせ下さい】

以下、長い説明ですが、内容はごく一般的で常識的なことだけです。
残念ながら、ものつくりに興味を持っている、募集に応募する方々に
一般的な社会常識を無視して良いかのような態度の方が多いので、
普通の企業に就職するような程度のことを改めて記述してあるという
ことです。


当工房では一般的な染色工房と違い、極一部分を除き制作に関する殆どを
工房内で行います。
一人で総合的に制作することを学びたい人に向いていると思います。

作品をご覧になりたい方は、下記サイトでご覧下さい。

*母屋サイト(作品画像、制作への姿勢が載っています)

*Google Galleryに上げてある仁平幸春作品*

*こちら* に私の仕事への関わり方などが載っています。

*FacebookのFogliaのファンサイト*

*フォリアで修行し独立した弟子たちの今後についてには、弟子が
フォリアから独立した後のことを書いてあります。

*2017年4月より工房内独立した甲斐凡子のブログ

*甲斐凡子のブログの弟子入りについてに、弟子だった立場からの弟子入り
についてのアドバイスが書いてあります。

。。。。。。。。。。。。。

【注意】募集に応募する人が、重要な事項や、条件と違う話を
隠して後から出して来た場合、例外なくその時点でお断りします。


1)男女問いません。学歴・経験を問いません。

染色作家として独立し、制作したい人。

美術や工芸が好きで変わらぬ興味を持ち続けている人。

「学歴・経験は問いません」というのは
【美大や専門校の染色科や、どこかで染めの修行経験があるということは
問わない】という意味です。どこかで染めの体験をしてみたことはある、
あるいは染色品の制作を独学で自主的にやっているぐらいのことは
当たり前にしていて、それでもっと知りたい、これでやってみたい!
そしてどこかの「現役プロのところでどうしても学びたい」という人の
ことを意味しています。


2)18〜28歳までの方(若い方が有利です)

3) 修行期間は3年間が目安ですが、それぞれの都合と成長具合に
より変わります。


(正式に弟子とする前に研修期間が3〜6ヶ月あります)

弟子の期間、工房から月給としての給料は出ません。
ゆえに、自分で生活の融通をつけなければなりません。
しかし、授業料や材料費、創作に関する経費などはかかりません。
染色の仕事に関わることはこちらで負担します。
交通費は、正式に弟子として通うようになってから、一万円を限度として
支払います。

工房の仕事の手伝いをしながら作家的仕事の進め方を学んで行きます。

3年間の基本修業期間を終了後、どのように進展させるかは、その時の
状況を観た上で話合いいたします。
もちろん、いわゆるお礼奉公のようなことを強制することもありません。

4) 新規の弟子は土日祭日休、就業時間は8:30〜18:00ぐらいまでです。

(工房そのものは日曜日のみ休みが多いです)

5) 昼食は支給されます。(場合によっては朝・晩も出ます)

6) 自分専用に使える「15インチ以上のノートパソコン」を持っている事。
(これから手に入れます、というのではなく、今使うのにスペック的に
問題のないものを所有していること)

*半年ぐらいなら、工房のパソコンを使うことは可能です。

仕事の連絡、作品の画像管理、弟子自身のブログやSNSの更新などで工房で
多用します。また、現代はお客様とのやりとりもメールやデータが殆どです。
現代そのスキルがない人は制作で生きて行くのはむづかしいと言えます。
ある程度の画像処理が出来、ある程度のネットスキルのある人。

当工房では、Web系の事も積極的に行うため「ネットとかそういうのは苦手」
という人は向きません。
かといって「得意であること」を要求しません。最低限のことが出来れば
大丈夫です。分からないことは教えます。


++++++++++++++++++++++

弟子募集に関するお問い合わせは「必ずパソコンのメールで」
お願いします。
弟子募集の件に関しては携帯のメールは受け付けません。
電話のお問い合わせも受け付けません。

メールアカウントはYahooメールは避けて下さい。


問い合わせでも、

*現住所(部屋番号などを略さずキチンとしたもの)
*電話番号、メールアドレスなどの連絡先
*学生なら学校名、お勤めの方は現お勤め先
*年齢

を必ず明記して下さい。


ただメールを送って来て面接をして欲しいというだけの連絡をする人は
受け付けません。(当たり前の社会常識ですが、そういう人が多いです)

メールフォーム

現在、女性スタッフが一人通っています。

*スタッフブログ→「染色作家 甲斐凡子の日常」

++++++++++++++++++++++

*募集の問い合わせから面接までの流れ*

当工房では直接面接をさせていただくまでに、していただくことが
あります。
回りくどいですが、今まで弟子を入れて来た経験から、以下のように
していだだくことになりました。

1)まずは「名前、電話番号、住所、メールアドレス、その他
(学生なら学校名など)」
を明記した弟子募集への問い合わせメールを
メールフォームよりお送り下さい。

2)こちらからメールを返信いたしますので、その返信に、いわゆる
履歴書と同じ内容を、メールのテキストで結構ですので、お送り下さい。
もちろん、顔写真もお送り下さい。

特に就職用のものでなくても、普段着で写メでも結構です。

3)ご自分で、新しく「JUGEM」でブログを開設し、それを
運営して下さい。


SNSはFacebookのアカウントを新規に取って、運営して下さい。
Facebookでは、工房の様子を頻繁に上げているのでこちらの様子が
良く分かります。
その他のSNSもやる場合は、それも新規に取って運営して下さい。


日常のこと、気になったこと、作品の紹介、なんでも良いので
【最低でも一日一件】更新して下さい。
一日何度も更新しても結構です。


元々ブログやSNSを運営している方はそちらのURLもお伝え下さい。

特に内容は意識することなく、当人の気になることを一行の言葉
だけでも、写メで撮った写真一枚だけでも全く問題ありません。
言いたい事、伝えたいことがあればそれを全く自由に発信して
下さい。

もし、一日一枚の写真、一行の言葉を更新するのが大変だったり
苦痛に感じるのであれば、当工房には向きません。


4)そのブログやSNSを2週間から1ヶ月拝見して、当工房に
向いていると思われる方は直接面接させていただき、お話を
伺います。

5)面接で諸条件などの確認、その他現状をお聞きして、弟子として
通って来たいということになれば、研修期間に入ります。

6)当工房に通っていただき、仕事内容が当人に向いているかを
観させていただきます。
この間、下絵の練習と、糸目糊を引く練習がメインです。
その他、掃除、染めの仕事の補佐をしながら染めの仕事の全体を、
そして雰囲気を把握してもらいます。(3〜6ヶ月)

*この試用期間中は、交通費は出ません*

もちろん、その期間内に、弟子になりたい人の方も、当工房で
学びたいことを学べるのかを良く観て下さい。他の師匠についた方が
良いという判断になればいつでもその旨を伝えていただき、当日から
でも他の道へ進むことを推奨します。


例えば、染めでも他の分野が向いてるということがありますので、
そういうことをキチンと話合います。

弟子募集に来た人のより良い未来設計を最大限優先します。
染めの作業の労働力のためだけに弟子を入れるわけではありません。
弟子が制作で生活するためのことを一緒に考えるわけです。


7)弟子になりたい人が研修期間中に工房の様子を良く観た上で、当工房で
学びたいと思い、また、こちらでもその人が弟子として当工房に向いて
いると判断しましたら正式に弟子として名刺をつくり、当工房の弟子
としてお取り引き先、工房サイト、ブログ、SNS上、その他いろいろな
ところに紹介し、活動してもらいます。

8)弟子として、正式に工房に通って、工房の仕事を手伝いながらいろいろな
ことを学び、弟子自身の人脈を広げ、自分の作品の制作もして行きます。
弟子の状態でも、弟子の作品が公表するレベルに達していれば、紹介し、
展示会にも出品し、販売もします。
弟子の作品が売れた場合は、材料費その他を差引いた金額を全て弟子に
渡します。
弟子として正式に通うようになった場合交通費は実費を支払います。
(一万円が上限です)

弟子入りまでの流れ、弟子入りしてからしばらくの流れは以上です。

*ブログやSNSの開設に時間がかかる人、こちらからの返答に
返信の遅い人が多いですが、そのような人はお断りしております*


++++++++++++++++++++++++

*補足説明として*

◯ 美大や専門学校などへ通うのと同じぐらいの年数、給料が出ません。

ただし、学ぶにあたって授業料はかかりません。
(授業料を取る工房もあります)
ある意味、学校へ通うと考えた方が簡単かも知れません。
ただし、学校とは違い、社会に対して発する創作を仕事として総合的に
学ぶことが出来ます。
染めだけでなく、営業上必要な知識なども学びます。

弟子という立場であっても、お取引先や、その他の場へどんどん出します。
また、ネット関連でもフォリアの一員として扱い、紹介しサポートします。
弟子の間も、弟子の作品を販売することをサポートします。


可能であるなら、アルバイトをしない方が進化が速いです。
アルバイトをするなら、可能な限り少ない時間にする方が良い結果に
なります。

◯ 年齢は若い方が有利です。
(年齢が高いと出来ないという意味ではありません)

この仕事は身につけたからと言っても専業で生活出来る可能性は極めて
低い仕事です。
ある程度染色をやった後、他の道に行きたいと進路を変更することが
出来る年齢であることはその後の生活の安全になります。
また、若い方が技術的な覚えは早い傾向があります。

◯ 私はあらゆる団体、協会に属していません。

私の工房で働いていた、という修行歴は有名作家の工房で働いていたと
いうような有利な履歴にはならないかと思います。



以上です。


ご興味のある方は、上記を参照の上 メールフォーム にてお問い合わせ下さい。


++++++++++++++++++++++++++


【補足2】

この弟子募集をご覧になって、問い合わせやアドバイスを受けたい方々に
お願いです。

業界の先達として、後進の知りたいことをなるべく具体的にお知らせしたいため、
質問の問い合わせや相談の際にも

1)年齢

2)現住所の、詳細までは必要ありませんが、都道府県と市や区などまでの情報

3)最終学歴と職歴

は書いて下さい。

名前とメールアドレスのみでは、具体的なアドバイスが出来ません。
メールフォームの記入欄は名前とメールアドレスですが、メッセージ本文に
上記必要事項を書いて下さい。


上記が記入されていない場合、お返事はしません。



175-0093
東京都板橋区赤塚新町2-14-7 龍園ビル401
03-6904-2890
フォリア 仁平幸春(にへいゆきはる)

2017年9/28~10/2「日々」さんにて個展です

2017年9月18日


(画像クリックで拡大します)

*日々さんでの個展は終了いたしました。ありがとうございました!*

2017年9月28日(木)〜10月2日(月)まで、埼玉県さいたま市北浦和の「現代食器 骨董&Gallery 日々(にちにち)」さんにて個展を開催していただきます。

「日々」さんは、オーナーの風間さんの審美眼にかなう、そして生活に実用的で使い勝手の良い、いろいろな分野の古いもの、現代の作家ものなどいろいろ取り揃えてあるお店です。

風間さんは、いろいろな分野の若い作り手さんや、何か新しいことをしようとがんばる人を応援、支援していらっしゃる方で、風間さんのところで育った人がたくさんいます。。。

今回は、染額などで良く制作している、月と花の物語のような作風の名古屋帯を中心に、布染額、テーブル周りの布などを出品いたします。

別注のご相談にものれますので、お気軽にお尋ね下さい。

仁平は、初日の9/28(木)・10/1(日)・最終日の10/2(月)の12時過ぎごろからおります。

仁平のものだけでなく、古いものから現代作家ものまで、使い勝手の良い器やテーブル周りのもの、インテリアなど魅力的なものが沢山ですので、そちらも是非ご覧下さい。

皆さまのご来場をお待ちしております。


。。。。。。。。。。。。。。。。。。


仁平幸春 染色作品展

2017年9月28日(木)~10月2日(月)
11:00~19:00 会期中無休

【現代食器 骨董&Gallery 日々(にちにち)】

330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和1-14-13
048-832-8241
http://www.nichi-nichi.jp/

北浦和駅東口 徒歩5分

*駐車場はございません
*通常営業時は毎週日曜、水曜休



今回は、仁平さんの名古屋帯が中心の展示会です。特に染額作品で連作されている、月と草花の物語のような作風の帯を中心に制作していただきました。その他、額作品、テーブル周りの小物などを出品いたします。皆様のご来場をお待ちしております。

是非ご来場下さい。

作家在廊日 9/28・10/1・10/2


2017年8月の展示会のお知らせ

2017年8月1日

展示会のお知らせです!

2017年8月には、仁平幸春展が二つあります。

8月18日(金)〜20日(日)に銀座もとじさんでの帯を中心にした展示会です。

8月9日(水)〜15日(火)に大丸神戸店アートギャラリーにて、アート系作品を中心とした展示会

+++++++++++++++++++++++++++++

「仁平幸春展」
8月18日(金)〜20日(日) 銀座もとじにて




(画像クリックで拡大します)

*銀座もとじさんでの個展は終了いたしました。ありがとうございました!*

四年ぶりの銀座もとじさんでの個展です。

今回は、帯がメインです。
いろいろな作風の帯を制作いたしました。

新しい染帯の意味とは何か?という問いに対する答えとして、そのような構成にしました。

例えば、買ってはみたけども、どうも合う帯が無い。気に入って買った着物なのに、あまり着ないな。。そんなお手持ちの着物に良い出会いの染帯があれば、その着物は何倍にも生きることになります。

「私の新作の作品を買っていただく」ということを超えて「既に存在する着物に生命を与える新しい染帯」ということを目指した姿勢です。

8月18日(金)〜20日(日)11:00〜19:00まで、全日、仁平は在店しております。

また、19日(土)にはトークショーも開催されます(リンク先に詳細があります)
お気軽にお申込み下さい。(^_^)

皆さまのご来店をお待ちしております。

+++++++++++++++++++++++++++++++

「仁平幸春展」

2017年8月18日(金)〜20日(日)
11:00〜19:00

銀座もとじ 和染・男のきもの
104-0061
東京都中央区銀座4-8-12
03-3535-3888(和染)

http://www.motoji.co.jp

「素材を吟味して、想い描いたことをかたちにしていくこと」
仁平幸春氏の深くて明快な思考は確かな手技がありはじめて作
品となります。

一本の線へのこだわりは細部にわたる緊張感となり、想像力溢れる
大人の装いを満足させてくれます。

糸目友禅と蝋纈染の表現技法が冴えわたる繊細なものから大胆な
染め分けまで、九寸名古屋帯や角帯にほどこされた幅広い作風を
余すところなくご紹介します。


■作家在廊 18日(金)、19日(土)、20日(日)
各日 11:00〜19:00

++++++++++++++++++++++++++++++++

「生命のざわめき 仁平幸春 作品展」
8月9日(水)〜15日(火) 神戸大丸店にて


(紙額「発生」ネパール紙に墨、ロウ、植物染料)

*大丸神戸店での展示会は終了いたしました。ありがとうございました!*

今回の展示会では「生命のざわめき」というテーマで制作したものを油彩、紙への仕事、布額、タペストリー、名古屋帯といろいろなアイテムで表現したものをご覧いただきます。

リンク先の紹介画像では名古屋帯の画像が出ていますが、今回は和装以外の作品が多いです。

仁平幸春の創作活動の全般をご覧いただける展示会です。

和装系以外の作品はなかなかまとめてご覧いただける機会がありませんので、是非ご覧下さい!

初日の8月9日(水)は終日、仁平が在廊いたします。また、初日の8月9日(水)17時〜19時30分にはオープニングレセプション開催です。予約などございませんので、お気軽にご参加下さい。

————————————————–

「生命のざわめき 仁平幸春 作品展」

2017年8月9日(水)〜15日(火)
10:00〜20:00(最終日は17:00まで)

大丸 神戸店 7階アートギャラリー
650-0037
兵庫県神戸市中央区明石町40
078-331-8121
最寄駅:JRまたは阪神 元町駅より南へ徒歩3分


生命のざわめき

命あるものには、ざわめきがあります。

心臓の鼓動、呼吸の音。。。

命がなくても、運動しているものには、
ざわめきがあります。

風が吹く湖面のさざ波や砂丘の文様、
森の木々のざわめき。。。

固有の魅力を持つ、いろいろな素材にも、
ざわめきがあります。

糸の特性の良く出た布、魅力的な繊維を
漉いた紙。。。

私は、素材の「ざわめき」を増幅して
形にします。

糸や繊維の固有の魅力によるざわめき、
それを布や紙にした時に表出する
美しく精密なざわめきと、私自身の生命の
ざわめき。

その素材と私の密接な関係の間に産まれるのが、
私の作品です。

「生命のざわめき」がご覧になる方々に美しく
届くことを祈っております。



2017年7月15・16日に新潟市の胡蝶さんで展示会です

2017年7月10日



*終了いたしました。ありがとうございました!*

2017年7月15日(土)・16日(日)の二日間、新潟市の上古町の「きもの胡蝶」さんにて、展示会を開いていただきます!

今回は、今年4月に工房内独立をしました 甲斐凡子 の作品も出品されます。

帯を中心に着物、タペストリーなどを出品いたします。

前回同様、仁平と甲斐も両日来場しておりますので、和装品、絵画の別注などお気軽にご相談下さい。

ご来訪は、あらかじめ「きもの胡蝶」さんへご一報下さい。


皆さまのご来場をお待ちしております。


フォリア 仁平幸春 構成員一同


+++++++++++++++++++++++++


フォリア作品展

2017年7月15日(土)・16日(日)の両日
11:00~18:00

951-8063
新潟市中央区古町通四番町643番地 古町ツインタワー1F
025-201-7668
きもの胡蝶

http://www.k-kocho.com